おとなの発達障害

大人のADHDといっても、大人になってから初めて出現するものではありません。不注意、多動性、衝動性という3 つの症状に、子どものころからずっと悩まされており、多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらず、状況が改善せず大人になり、うまく生活することができず困っているのです。

大人の症状

多動性
  • ・落ち着かない感じadhd
  • ・貧乏ゆすりなど、目的のない動き
衝動性
  • ・思ったことをすぐに口にしてしまう
  • ・衝動買いをしてしまう
不注意
  • ・仕事などでケアレスミスをする
  • ・忘れ物、なくし物が多い
  • ・約束を守れない、間に合わない
  • ・時間管理が苦手
  • ・仕事や作業を順序だてて行うことが苦手
  • ・片付けるのが苦手

ADHDの症状、特徴について

ADHDの症状は、個人によっても違いますし、環境によってもあらわれ方が異なります。ここでは、日常生活の場面ごとにおける、ADHDの症状のあらわれ方の例をご紹介します。

 
a12.gifADHDの症状や特徴について